高い嗜好性の安心オーガニック食

オーガニックとは化学合成農薬や化学肥料に頼らず、
有機肥料などにより土壌の持つ力を活かして栽培する農法のことで、有機栽培で作られたものです。

ドッグフードにもオーガニックや無添加などの食材を使ったものが多くあります。
ありのままの食材で食事を作る「天然食材」には、はるかに多くの微量栄養素が含まれています。
ましては自然のもので作られているのですから、
臭いに敏感な犬にとっては余分な化学薬品などの臭いがないのも大変な御馳走です。

しかし日本ではあまりなじみがなく、むしろ国産のものの方がいいというような印象があります。
勿論日本にも有機栽培や手作りのドッグフードなどは多くあります。

ですが日本では、「自称オーガニックドッグフード」としか名乗ることができないのです。
何故なら、JISがドッグフードに対してオーガニック認証をしていないのです。
逆にいえば何の認証がなくても、「これはオーガニックです」とも言えることにもなります。

しかしドッグフードは雑貨であるために、それが許されているというのが日本の現状です。
では逆に、本当に保障されたオーガニックドッグフードとは何でしょう。

それは、人間と同じ基準のオーガニック認証を受けているもののことで、ほとんどが海外でのものになります。
KRAV、Skalなど、名立たるオーガニック認証機関がヨーロッパにはいくつかあり、
それらが人間向け基準と同等基準をクリアしているのであれば、
信頼に足るオーガニックドッグフードであると認められているのです。

本当ならばJISが国内のドッグフードにもオーガニック認証を与えてくれたら、こんなに嬉しいことはないのかもしれません。
しかし日本も愛犬家がとても増えて、ドッグフードもどんどん素晴らしいのが数多く発売されるようになっています。

今はオーガニックドッグフードとして選ぶなら、
品質の付いたヨーロッパのKRAVやSkal(EKOマーク)の認証が得たのがいいのでしょう。
オーガニックにもいくつかの種類があります。
ウェットタイプやドライタイプなど数種類ありますので、それぞれの特徴がかいてあるサイト
http://xn--qckubrc3d4m.asia/をご覧ください。

こちらには 愛犬の犬種や年齢別でのドッグフードの賢い選び方についてや、一般的なドッグフードの種類と価格相場、1回であげる量と愛犬を太らせない方法などが詳しくかいてあるサイトがあります。
こちらもとても参考になりますのでご覧ください。



ページのトップへ戻る