ドッグフード選びに迷ったときの選び方ガイド

毎日食べるドッグフードは、
人間にとっての食事と同じでまさに「命」そのものであり、
活動のエネルギーです。

犬を飼うということは命を預かるといっても過言ではありませんから、
少しでも体にいいものを食べさせてあげたいものです。

しかし手作りするにはかなりの知識がないと危険ですし、
ドッグフードには多くの種類がある上に同じに見えるという飼い主は多いのが現状です。
ドッグフードの見た目や値段、広告や評判などで判断し、
愛犬が良く食べてくれるうえに、健康状態に問題がなければ良いドッグフードという判断をされます。
こちらに日本のドッグフードの安全基準について詳しく解説されていますので、こちらのサイトにかかれている内容を理解したうえで愛犬に良い商品を選んであげてほしいです。


その一方で、最近では「安全性」に注目する飼い主さんが増えたためか、
自然やオーガニック、無添加や無着色などという表示も飼い主の目を引いています。
▼オーガニックフードや無添加のドッグフードについて詳しくはこちら
http://www.thehockeypuck.com/organic.html

勿論、愛犬の年齢や健康状況、そして自分の生活スタイルなどを考慮はしなければなりません。

自分の仕事が忙しくて帰るのが遅くなるというのに、
ウェットタイプのドッグフードに慣れてしまっていてはドライフードを置いて出かけても食べていない場合があります。

結果として犬の食事のバランスが狂い、体調を崩してしまう結果にもなりかねません。
犬のドッグフードの変更は意外と大変です。

なんでも食べてくれるから問題ないという犬もいますが、特に室内犬の小型犬は食べるという欲があまりなくて、
ドッグフードを変える時も半分づつ変えたり、ぬるま湯などでふやかして完全に混ぜるなどしなければなりません。
いざという時のためにドライタイプのドッグフードも食べられるようにしておいた方がいいでしょう。
逆にすごく早食いでもっと欲しがる犬もいますが、いくらねだられてもあげてはいけません。

人間の早食い状態と同じで、ただ満腹中枢まで達していないだけで、可哀そうだからと与えてしまったら肥満になってしまいます。
肥満は病気の元ですから痩せさせなければならなくなり、その時の方がもっと辛いです。

健康チェックをして、食べた結果であるウンチの量が少なく、
1日の排便回数は1~2回で、食事にも満足しており、
筋肉量を維持しつつ適正体重のキープができるドッグフードがまさに理想といえるでしょう。
こちらにはペット先進国であるドイツのドッグフードが紹介されています。
ページのトップへ戻る