ペット先進国で支持されている,ドイツ最大のフードブランド

ドイツではペットフード製造に関して、
原材料に人間が食べることのできない原料を使ってはいけないという法律があることをご存知ですか。

日本がペット後進国と言われても仕方がないのかもしれません。
日本ではそんな法律はおろか、ドッグフード事態の品質はメーカー任せとなっているのです。
だからこそ日本の愛犬家たちはしっかりと自分の力で良いドッグフードを選ばなくてはなりません。

それでは、日本でも手に入れられる良質なドッグフードをご紹介いたしましょう。
「アニモンダ」はドイツの老舗食品会社ストックマイヤーグループの中にあるドイツでも最大のペットフード会社です。
ストックマイヤー社の100年に及ぶ人間用食品の製造加工の経験と製法を元に、
アニモンダ社の設立以来続けてきたペットの必須栄養素に関する研究が加わっているのです。

主原料の肉をはじめ、上質の素材を使って素材の味を生かした製品作りを目指しており、
香料、着色料などの合成添加物は一切使用していませんので、自然で安心なドッグフードと人気、実力共に高いです。

「ボッシュ」は国際認証を取得した自社工場でドッグフードを生産しています。
使われている原料の肉はボッシュ社での独占農場で安全な餌を食べて、
健康的育てられた安全な肉のみが使用されているので、
人間が食べられるレベルであることは当然のことながら、
肉の由来段階までさかのぼっての安全性までのこだわりがあります。

配合される野菜もボッシュ社独占契約農家で栽培されているのは当然で、
ドイツ農林省シュトウットガルト行政委員会の認証を受けた穀物のみが使用されています。
ちなみにその認定を受けるのは無農薬、有機栽培であることは絶対条件です。
他にも到底日本では付けられない品質などがドイツでのドッグフードにはあります。

勿論、日本の国産が劣っているということではありませんが、
先進国のドッグフードがどういったものかを知っておいてもいいのではないでしょうか。
ページのトップへ戻る