先進の栄養学と独自の製法でペットの健康を追求したフード

体の機能を高めるのに必要なのは、食事や運動、
そして心のバランスが大切だという「ホリスティックアプローチ」をベースにした、
食べることによって自然治癒力を高めるフードを研究開発しているのが「アーテミス」のこだわりなのです。

ドッグフードといっても材料は、私たちが口にしているものと同じもので、
人間のものと同じことはUSDAが認証しています。
つまりきちんと品質の保証されたドッグフードということで、
残念ながら日本ではいまだに認められていないことをアメリカという国が保証しているアメリカのドッグフードです。

原材料は鶏&七面鳥、そして子羊の2種類があります。
他に魚や卵などを使用しているそれぞれのタンパク質は、
ペットに必要なタンパク質として独自のアミノ酸プロフィールを持っているので、
それらを配合することによって、一つのタンパク質だけによるアレルギー反応との戦いを補助するために、
複数種類の動物性たんぱく質を使用しています。
ちなみに小型犬用には子羊は入っていません。

また他にも厳選された材料によって、皮膚や毛の栄養となるオメガ3やオメガ6、
腸内環境を整えるプロバイオティクスやプレバイオティクスなどといった、様々な栄養素を揃えています。
また、特定のでんぷん質の消化がしにくい犬のために、小麦、大豆、とうもろこしは使っていません。

生の原料を使用しているドッグフードは、
製造ロット毎の色の差、形状の差が同じ商品のはずなのに色の違いや、形状の違いがあります。
そこが無着色、無添加の所以です。

なによりも、アーテミスでの製造工程では、確実な栄養吸収の実現として、
弱熱成分をペレット調理後に常温まで冷却してから浸透させる独自の製法とっています。
この方法により、熱に弱い栄養成分であるビタミン、ミネラル、消化酵素を配合させることができるのです。

これがアメリカの3つの政府機関である「USDA」「AAFCO」「FDA」によるルールを厳守したアメリカ製のドッグフードです。

ページのトップへ戻る